So-net無料ブログ作成

『新・荒野の七人/馬上の決闘』 [映画]

映画『新・荒野の七人/馬上の決闘』
 平日の昼間放映されていたので録画観賞した。19世紀末のメキシコを舞台にした西部劇映画。
 ストーリーは、ジョージ・ケネディ扮する主人公のガンマン“クリス”がメキシコの圧政に立ち向かうという内容。反政府運動のカリスマ活動家“キンテロ”が逮捕され、“キンテロ”の部下“マックス中尉”が救出隊を募集する。主人公は“マックス中尉”にスカウトされ、仲間を集め政府軍と対決する。
 ポール・ウェンドコス監督の映画は初めての観賞。メキシコの悪徳政府と革命派の戦いがB級的な西部劇として演出されていた。主人公“クリス”役のジョージ・ケネディ、反政府活動家“キンテロ”役のフェルナンド・レイの演技が、ストーリーを盛り上げていた。



nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る