So-net無料ブログ作成
検索選択

『ガメラ2 レギオン襲来』 [映画]

映画『ガメラ2 レギオン襲来』
 平日の夜放映されていたので録画観賞した。日本を舞台にした怪獣映画。
 ストーリーは、永島敏行扮する主人公の自衛隊二等陸佐“渡良瀬佑介”が異生物“レギオン”と戦うという内容。自衛隊は“レギオン”が電磁波に反応して行動している特性に着目し、作戦を立案する。“ガメラ”は“レギオン”との戦いに苦戦するが、“ウルティメイト・プラズマ”を使って攻撃する。
 監督は『卒業旅行 ニホンから来ました』、『DEATH NOTEデスノート the Last name』の金子修介監督。宇宙怪獣“レギオン”の小型と大型の暴れ回る様子が、上手に特撮表現されていた。特に栃木・群馬県境での“ガメラ”、巨大“レギオン”の戦いのシーンのミニチュアとコンピュータグラフィックスが巧く使われていた。

前回観賞の『ガメラ2 レギオン襲来』の感想



nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 21

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る