So-net無料ブログ作成

『ガメラ3/邪神<イリス>覚醒』 [映画]

映画『ガメラ3/邪神<イリス>覚醒』
 平日の夜放映されていたので録画観賞した。日本の奈良県を舞台にした怪獣映画。
 ストーリーは、中山忍扮する主人公の鳥類学者“長峰真弓”が奈良県南明日香村に現れた怪獣“イリス”に立ち向かうという内容。南明日香村の中学生が神獣“柳星帳”の伝説を持つ社の沢の祠の封印を解いた為、ギャオスの変異体“イリス”が誕生してしまう。“イリス”は人々を襲いながら成長するが、“ガメラ”が登場し“イリス”と戦う。
 監督は『卒業旅行 ニホンから来ました』、『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』の金子修介監督。京都の街並みで戦う“ガメラ”と“イリス”の特撮が素晴らしかった。

前回観賞の『ガメラ3/邪神<イリス>覚醒』の感想



nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る