So-net無料ブログ作成
検索選択

『社長道中記』 [映画]

映画『社長道中記』
 平日の昼間放映されていたので録画観賞した。日本の大阪を舞台にしたドラマ映画。
 ストーリーは、森繁久彌扮する主人公の太陽食料社長“三沢英之助”が大阪に出張するという内容。主人公の会社の大阪支社の業績が思わしくなく、主人公が出張し劇を飛ばす。ライバルの日の出食品との競争に勝つため、主人公は南海物産に営業攻勢をかける。
 監督は『連合艦隊』、『社長外遊記』の松林宗恵監督。主人公達の接待の席で、太陽軒缶太郎と称した出し物“まむしの蒲焼”、“蝸牛のフレンチグラタン”、“蛙の大和煮”、の着ぐるみの芸が楽しかった。



nice!(16)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 2

いっぷく

こだまの車中の席とっかえも面白かったし
三橋達也の社長がユニークだったですね
by いっぷく (2014-11-15 02:38) 

おぉ!次郎

≫ いっぷくさん

笑わない社長さんのエピソード、楽しかったです。

by おぉ!次郎 (2014-11-15 05:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る