So-net無料ブログ作成

『八つ墓村』 [映画]

映画『八つ墓村』
 平日の夜放映されていたので録画観賞した。日本の岡山を舞台にしたミステリー映画。
 ストーリーは、渥美清扮する主人公の私立探偵“金田一耕助”が岡山県新見市近隣の村で起こる連続殺人事件を捜査するという内容。岡山県新見市近隣の村に財産家“田治見家”の後継者候補として羽田空港従業員“寺田辰弥”が新見市近隣の“八つ墓村”に呼び戻される。しかし、“寺田辰弥”の帰省とともに連続殺人事件が発生する。“八つ墓村”は16世紀の戦国時代、落ち武者“尼子義孝”一行を村人“多治見庄左衛門”達が報奨金目立てに全滅させたという言い伝えが残る。“八つ墓村”では連続殺人事件が“尼子義孝”一行のたたりではないかとの噂が広まる。
 野村芳太郎監督の映画は初めての観賞。財産家“田治見家”の双子の大伯母“多治見小竹”役の市原悦子、“多治見小梅”役の山口仁奈子、祈祷師“濃茶の尼”役の任田順好などのキャラクターが際立って良かった。



nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 19

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る