So-net無料ブログ作成

『ロード・トゥ・パーディション』 [映画]

映画『ロード・トゥ・パーディション』
 平日の昼間放映されていたので録画観賞した。アメリカのシカゴを舞台にしたギャング映画。
 ストーリーは、トム・ハンクス扮する主人公のマフィア幹部“マイケル・サリヴァン”がマフィア組織を追われるという内容。主人公はアイルランド系マフィアに属していたがボス“ジョン・ルーニー”の息子“コナー・ルーニー”と折り合いが悪くなり、窮地に立つことになる。主人公は“コナー・ルーニー”に妻と息子を殺され、復讐を始める。
 監督は『007/スカイフォール』のサム・メンデス監督。実力派マフィア幹部“マイケル・サリヴァン”をトム・ハンクスが丁寧に演じていた。殺し屋“マグワイア”役のジュード・ロウのキャラクターが独特だった。


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る