So-net無料ブログ作成

『推定無罪』 [映画]

映画『推定無罪』
 休日の昼間放映されていたので録画観賞した。現代劇の裁判映画。
 ストーリーは、ハリソン・フォード扮する主人公の検事“ラスティ・サビッチ”が同僚検事殺人の無実を勝ち得て行くという内容。主人公の同僚“キャロリン・ポルヒーマス”が他殺体で発見される。“キャロリン・ポルヒーマス”は野心家で複数の同僚と交際していた。主人公は“キャロリン・ポルヒーマス”殺人事件の容疑者として逮捕されるが、事件の証拠には不可解な点が多く、裁判は迷走する。
 監督は『ペリカン文書』、『ソフィーの選択』のアラン・J・パクラ監督。野心家検事“キャロリン・ポルヒーマス”役のグレタ・スカッキが存在感あす演技をしていた。

前回観賞の『推定無罪』の感想


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る