So-net無料ブログ作成
検索選択

『レイク・プラシッド ファイナル ワニ爆増』 [映画]

映画『レイク・プラシッド ファイナル ワニ爆増』
 平日の昼間放映されていたので録画観賞した。アメリカの湖畔を舞台にしたパニック映画。
 ストーリーは、エリザベス・ローム扮する主人公の保安官“テレサ”がレイク・プラシッドに現れた巨大ワニと戦うという内容。主人公は狩猟監視局職員“リバ”とともに巨大人食いワニを退治すべく奔走する。しかし、主人公の娘“クロエ”が友人たちと湖畔にキャンプに出掛け、密猟者も湖畔をハンティングするなどで巨大人食いワニの被害者が出る。
 監督は『山猫は眠らない5/反逆の銃痕』のドン・マイケル・ポール監督。巨大人食いワニのコンピュータグラフィックスがB級的で良かった。高電圧フェンス管理者“マックス”役のベネディクト・スミスがしぶとくて良かった。


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る