So-net無料ブログ作成

『紙の月』 [映画]

映画『紙の月』
 休日の昼間放映されていたので録画観賞した。日本の銀行を舞台にしたミステリー映画。
 ストーリーは、宮沢りえ扮する主人公の銀行外交員“梅澤梨花”が顧客のお金を横領するという内容。主人公はエリート会社員“梅澤正文”と安定した生活を送っていたが、銀行の顧客“平林孝三”の孫“平林光太”と出会い、交際を始める。主人公は交際に必要なお金を、銀行の顧客の預金を横領することで捻出し始める。
 監督は『パーマネント野ばら』の吉田大八監督。主人公が銀行のお金を横領していくエピソードがサスペンスタッチで演出されていた。主人公の同僚銀行員“相川恵子”役の大島優子が世渡りの上手いキャラクターを好演していた。


nice!(14)  コメント(1) 

nice! 14

コメント 1

hatumi30331

この映画、面白かったです。^^
by hatumi30331 (2017-09-14 20:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る