So-net無料ブログ作成

『龍三と七人の子分たち』 [映画]

映画『龍三と七人の子分たち』
 平日の夜放映されていたので録画観賞した。日本を舞台にした侠客映画。
 ストーリーは、藤竜也扮する主人公の元やくざ“高橋龍三”が暴力団を再結成するという内容。主人公は、かつての自分たちの縄張りで詐欺を働く“京浜連合”に対抗するため、“一龍会”を結成する。
 監督は『アウトレイジ ビヨンド』、『座頭市』の北野武監督。映画『アウトレイジ』シリーズのパロディ的な作りになっていた。“若頭のマサ”こと“山本故夫”役の近藤正臣の演技が良かった。


nice!(22)  コメント(1) 

nice! 22

コメント 1

beny

DVD レンタルされていたら観たい映画です。

by beny (2017-10-28 20:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る