So-net無料ブログ作成

『どら平太』 [映画]

映画『どら平太』
 平日の昼間放映されていたので録画観賞した。日本の或る小藩を舞台にした時代劇映画。
 ストーリーは、役所広司扮する主人公の町奉行“望月小平太”が“壕外”と呼ばれる無法地帯の浄化に乗り出すという内容。主人公は“壕外”に闊歩する3人の親分衆“大河岸の灘八”、“巴の太十”、“継町の才兵衛”の違法事業に挑んでいく。
 監督は『竹取物語』、『天河伝説殺人事件』の市川崑監督。“どら平太”とあだ名される型破りな侍“望月小平太”が“壕外”の違法事業に加担する藩重鎮との対決が痛快に演出されていた。主人公のパートナー“こせい”役の浅野ゆう子の演技が良かった。原作は山本周五郎“町奉行日記”、脚本は黒澤明、木下恵介、市川崑、小林正樹 。


nice!(19)  コメント(0) 

nice! 19

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る