So-net無料ブログ作成

『劇場版 MOZU』 [映画]

映画『劇場版 MOZU』
 平日の深夜放映されていたので録画観賞した。日本の東京都を舞台にしたサスペンス映画。
 ストーリーは、西島秀俊扮する主人公の公安警察官“倉木尚武”が高層ビル爆破占拠事件、ペナム大使館襲撃事の連続テロを追うという内容。主人公が公安警察官“大杉良太”とともに捜査を進めると、謎の黒幕“ダルマ”をボスとする犯罪立案者“高柳隆市”、犯罪実働リーダー“権藤剛”たちの巨大テロ組織が現れてくる。
 監督は『おっぱいバレー』、『ワイルド7』の羽住英一郎監督。高層ビル爆破占拠事件の特撮が迫力のある絵作りと演出になっていた。巨大テロ組織幹部“東和夫”役の長谷川博己のキャラクターが良かった。


[NPB][JABA]明治安田生命 vs ベイスターズ二軍 [野球]

プロ・アマ交流戦 明治安田生命vs横浜DeNA・ベイスターズ二軍
 プロ・アマ交流戦 明治安田生命vs横浜DeNA・ベイスターズ二軍を球場で観戦した。
 明治安田生命投手陣は大久保匠投手(#14)、三宮舜投手(#19)、小林昌樹投手(#15)、上田晃平投手(#21)で、横浜DeNA・ベイスターズ二軍投手陣は平良拳太郎投手(#59)、三上朋也投手(#35)、山崎康晃投手(#19)で試合に挑んでいた。

●明治安田生命・先発オーダー/氏名(#背番号)
6_吉田大成(#1)
4_新庄拓(#0)
8_泉澤涼太(#5)
D_木田大貴(#7)
2_森川大樹(#27)
5_島田隼斗(#8)
7_増野勇希(#6)
9_手錢大(#12)
3_小川拓真(#3)
P_大久保匠(#14)

●ベイスターズ・先発オーダー/氏名(#背番号)
8_青柳昴樹(#57)
6_松尾大河(#23)
5_網谷圭将(#100)
9_細川成也(#52)
D_後藤武敏(#55)
7_白根尚貴(#60)
4_狩野行寿(#36)
2_黒羽根利規(#9)
3_山本武白志(#101)
P_平良拳太郎(#59)

 試合は明治安田生命、横浜DeNA・ベイスターズ二軍とも互角の投手戦。横浜DeNA・ベイスターズ二軍は8回裏、山本武白志内野手(#101)のセンター前タイムリーヒットで1点。
 試合は横浜DeNA・ベイスターズ二軍の勝利となっていた。

20170305_105.jpg

プロ・アマ交流戦
2017年03月05日(日)
@横浜DeNAベイスターズ球場
明治安田生命vs横浜DeNA・ベイスターズ二軍

Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
明治安田生命 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
BayStars 0 0 0 0 0 0 0 1 x 1

  JAPAN AMATEUR  
  BASEBALL ASSOCIATION  
公益社団法人
日本野球連盟
公式ホームページ

20120112_bnr_01.jpg 横浜DeNAベイスターズ
公式ホームページ


[BL]ビー・コルセアーズvsハンナリーズ [その他]

BL 横浜・ビー・コルセアーズvs京都・ハンナリーズ
 2016-17 B1リーグ 横浜・ビー・コルセアーズvs京都・ハンナリーズの試合をテレビで録画観戦した。プロ・バスケットボール公式戦。
 オンザコートは、横浜・ビー・コルセアーズ≪第1クォーター:1、第2クォーター:2、第3クォーター:1、第4クォーター:2≫、京都・ハンナリーズ≪第1クォーター:1、第2クォーター:2、第3クォーター:1、第4クォーター:2≫。
 横浜・ビー・コルセアーズはジェイソン・ウォッシュバーン選手(#42)、ジェフリー・パーマー選手(#4)が、京都・ハンナリーズはケビン・コッツァー選手(#42)、岡田優介選手(#12)が活躍していた。
 試合は若干、横浜・ビー・コルセアーズのモメンタム。第4クォーター終盤の横浜国際プールのブースターの雰囲気が凄かった。
 試合は横浜・ビー・コルセアーズの勝利。

2016-17 B1リーグ
2017年01月03日(火)
@横浜国際プール
横浜・ビー・コルセアーズvs京都・ハンナリーズ

Team 1Q 2Q 3Q 4Q Total
B-CORSAIRS 18 16 18 22 74
Hannaryz 20 10 15 19 64

B.LEAGUE
公益社団法人
ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ
公式ホームページ
JAPAN PROFESSIONAL BASKETBALL LEAGUE



『ハイジャック/人質はアメリカ!』 [映画]

映画『ハイジャック/人質はアメリカ!』
 平日の昼間放映されていたので録画観賞した。アメリカの旅客機を舞台にしたアクション映画。
 ストーリーは、ディーン・ケイン扮する主人公の警備コンサルタント“ジャック・ベンダー”が旅客機“インフィニティ732便ロサンゼルス行き”ハイジャックの犯人グループに立ち向かうという内容。主人公は元FBIの経験を活かし犯人グループと戦って行く。
 監督は『バーティカル・ターゲット/大統領狙撃計画』のアーマンド・マストロヤンニ監督。テロ組織のアジト、旅客機、飛行場とシーンを移しながらアクションが演出されていた。3時間近い巨編となっていた。

前回観賞の『ハイジャック/人質はアメリカ!』の感想




メッセージを送る