So-net無料ブログ作成
検索選択

『私の女神』 [映画]

映画『私の女神』
 平日の昼間アジアインターナショナル&ジャパン5プログラムとして上映されていたので観賞した。インドを舞台にしたの短編恋愛映画。
 ストーリーは、主人公の10代の若者“タラ”が母親と喧嘩するという内容。反抗期の主人公は唯一の家族の母親と険悪な仲で、街中では乱闘を起こしてしまう有様。しかし、メイドの“デヴィ”とは打ち解けて接することが出来る。主人公は“デヴィ”と親密な仲になって行く。
 Karishma Dube監督の映画は初めての観賞。反抗期の主人公がメイドの“デヴィ”との時間を大切にするエピソードとなっていた。自宅でのエピソードがロマンチックに演出されていた。

20120805_301_BSST.jpg
ブリリアショートショートシアター公式ホームページ


[JABA]都市対抗野球大会西関東2次予選 横浜球友クラブvs東芝 [野球]

都市対抗野球大会西関東2次予選 横浜球友クラブvs東芝
 第88回都市対抗野球大会西関東2次予選 横浜球友クラブvs東芝が開催された。社会人野球の試合。

●横浜球友クラブ・先発オーダー/ポジション_氏名
6_川原大海(#5)
4_新城義人(#7)
3_高橋直裕(#8)
7_高松翼(#1)
D_天内祐介(#35)
9_川端翔太(#2)
5_大嶺竣也(#36)
2_山川正敬(#29)
8_市川廉(#25)
P_後藤貴裕(#19)

●東芝・先発オーダー/ポジション_氏名
8_佐藤旭(#26)
6_堀米潤平(#0)
4_吉田潤(#10)
D_金子聖史(#23)
5_松本幸一郎(#7)
9_大河原正人(#1)
3_服部政樹(#3)
2_井川良幸(#2)
7_小川裕生(#27)
P_今岡一平(#15)

 横浜球友クラブ投手陣は後藤貴裕投手(#19)、中村心太朗投手(#18)、他で、東芝投手陣は今岡一平投手(#15)、佐藤翔太投手(#18)で試合に挑んでいた。
 試合は東芝の勝利となっていた。

20170528_106.jpg

第88回都市対抗野球大会西関東2次予選
2017年05月28日(日)
@横浜スタジアム
横浜球友クラブvs東芝

Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
横浜球友クラブ 0 0 0 0 0 0 0 - - 0
東芝 0 0 4 1 7 0 x - - 12

  JAPAN AMATEUR  
  BASEBALL ASSOCIATION  
公益社団法人
日本野球連盟
公式ホームページ



[NFL]テキサンズvsコルツ 第14週 [アメリカンフットボール]

ナショナルフットボールリーグ ヒューストン・テキサンズvsインディアナポリス・コルツ 第14週
 NFLの試合をテレビ放送で録画観戦した。アメリカンフットボール公式戦。
 ヒューストン・テキサンズのクォーターバックはブロック・オズワイラー選手(#17)、インディアナポリス・コルツのクォーターバックはアンドリュー・ラック選手(#12)。
 ヒューストン・テキサンズはランニングバックのラマー・ミラー選手(#26)、アルフレッド・ブルー選手(#28)のランプレーなどでゲインしていた。インディアナポリス・コルツはワイドレシーバーのT.Y.・ヒルトン選手(#13)、タイトエンドのジャック・ドイル選手(#84)のパスプレーなどで組み立てていた。
 試合はヒューストン・テキサンズ、インディアナポリス・コルツとも互角。ヒューストン・テキサンズはランプレーが、インディアナポリス・コルツはパスプレーが出ていた。両チームともディフェンスがあたっている試合内容だった。
 試合はヒューストン・テキサンズの勝利となっていた。

ナショナルフットボールリーグ 第14週
2016年12月11日(日)
@ルーカス・オイル・スタジアム
ヒューストン・テキサンズvsインディアナポリス・コルツ

Team 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Houston Texans 3 10 3 6 22
Indianapolis Colts 3 0 7 7 17


[NPB]ドラゴンズvsベイスターズ 11回戦 [野球]

日本プロ野球セリーグ公式戦 中日・ドラゴンズvs横浜DeNA・ベイスターズ 11回戦
 日本プロ野球セントラルリーグ公式戦 中日・ドラゴンズvs横浜DeNA・ベイスターズ 11回戦をテレビで録画観戦した。
 中日・ドラゴンズは鈴木翔太投手(#18)、田島慎二投手(#12)、他で、横浜DeNA・ベイスターズはジョー・ウィーランド 投手(#56)、砂田毅樹投手(#47)、他で試合に挑んでいた。
 試合は中日・ドラゴンズのモメンタム。中日・ドラゴンズは京田陽太内野手(#51)、大島洋平外野手(#8)が、横浜DeNA・ベイスターズは桑原将志外野手(#37)、石川雄洋内野手(#7)が活躍していた。9回表の中日・ドラゴンズのダヤン・ビシエド内野手(#66)のバックスクリーンあたりへのソロホームランが効果的だった。
 試合は中日・ドラゴンズの勝利となっていた。

日本プロ野球セントラルリーグ公式戦
2017年05月24日(水)
@横浜スタジアム
中日・ドラゴンズvs横浜DeNA・ベイスターズ 11回戦

Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
Dragons 0 0 2 0 0 1 0 0 1 4
BayStars 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2

20120112_bnr_01.jpg 横浜DeNAベイスターズ
公式ホームページ



メッセージを送る