So-net無料ブログ作成
検索選択

『タイタンの逆襲』 [映画]

映画『タイタンの逆襲』
 平日の夜放映されていたので録画観賞した。天上界を舞台にしたファンタジー映画。
 ストーリーは、サム・ワーシントン扮する主人公の半神半人“ペルセウス”が巨神タイタン族の王“クロノス”に挑むという内容。主人公は“キメラ”に村を襲われるなどしたため、戦いに立ち上がる。巨神タイタン族の王“クロノス”を倒すことが出来る“三重の槍”を造り出し立ち向かって行く。
 監督は『世界侵略:ロサンゼルス決戦』のジョナサン・リーベスマン監督。冥府へ続く迷路の特撮が良かった。

前回観賞の『タイタンの逆襲』の感想



『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』 [映画]

映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』
 平日の夜放映されていたので録画観賞した。架空の世界“アスガルド”を舞台にしたファンタジー映画。
 ストーリーは、クリス・ヘムズワース扮する主人公の戦士“ソー”が“ダーク・エルフ”軍団と戦うという内容。主人公の恋人“ジェーン・フォスター”が天文物理学者としての業務中に邪悪な物体“エーテル”を身体に吸収してしまう。“ダーク・エルフ”軍団のリーダー“マレキス”は邪悪な物体“エーテル”を得て自らの能力の強化を目論み、主人公と“ジェーン・フォスター”に挑んでくる。
 アラン・テイラー監督の映画は初めての観賞。架空の世界“アスガルド”の世界観が素晴らしかった。“アスガルド”軍団と“ダーク・エルフ”軍団の戦闘の特撮も良かった。“アスガルド”の王“オーディン”役のアンソニー・ホプキンスの演技は存在感があって良かった。


『五福星』 [映画]

映画『五福星』
 平日の昼間放映されていたので録画観賞した。香港を舞台にしたコメディ映画。
 ストーリーは、サモ・ハン・キンポー扮する主人公の泥棒“ポット”が刑務所で友達を見つけるという内容。泥棒“ポット”、社会運動家“モジャ”、自動車部品泥棒“排気管”、宝飾品強盗“ワセリン”、年長者“ルーキー”の5人は出所後、清掃会社を始める。しかし、請け負った清掃業務でマフィアのアタッシュケースを拾得し、マフィアに追われる羽目になる。
 監督は『燃えよデブゴン』、『サイクロンZ』のサモ・ハン・キンポー監督。泥棒“ポット”役のサモ・ハン・キンポーがマフィアとのエピソードをコミカルに演じていた。カンフーアクションは少な目だった。


『攻殻機動隊S.A.C. 特別セレクション』 [映画]

映画『攻殻機動隊S.A.C. 特別セレクション』
 休日の深夜放映されていたので録画観賞した。日本を舞台にしたSF映画。
 ストーリーは、主人公の警官“草薙素子”が電脳犯罪に挑むという内容。2030年の日本政府内務省直属独立防諜部隊“公安9課”≪攻殻機動隊≫に所属する主人公は、サイバー犯罪、要人警護、汚職摘発など多岐に渡る事件に対応していく。
 監督は『攻殻機動隊S.A.C. SOLID STATE SOCIETY』の神山健治監督。第01話“公安9課”、第02話“暴走の証明”、第12話“タチコマの家出”、第14話“全自動資本主義 ”が編集されていた。公安9課思考戦車“タチコマ”のキャラクターが良かった。


『死海殺人事件』 [映画]

映画『死海殺人事件』
 平日の昼間放映されていたので録画観賞した。エルサレムを舞台にしたミステリー映画。
 ストーリーは、ピーター・ユスティノフ扮する主人公の探偵“エルキュール・ポアロ”がエルサレムで起こった殺人事件を捜査するという内容。アメリカの富豪“エミリー・ボイントン”が豪華客船で世界旅行中エルサレムで不審死を遂げる。持病のある“エミリー・ボイントン”が異なった投薬量で死亡し、主人公は殺人事件として捜査する。“エミリー・ボイントン”に同行していた近親者にインタビューした主人公は真犯人を見つけて行く。
 監督は『狼よさらば』のマイケル・ウィナー監督。殺人事件の被害者“エミリー・ボイントン”の近親者の夫々の供述から主人公の探偵“エルキュール・ポアロ”が真実と嘘を切り分け真犯人に迫っていく。


『イン・ザ・ヒーロー』 [映画]

映画『イン・ザ・ヒーロー』
 平日の夜放映されていたので録画観賞した。日本の映画界を舞台にしたアクション映画。
 ストーリーは、唐沢寿明扮する主人公のスーツアクター“本城渉”が特撮ヒーローの撮影で活躍するという内容。主人公はテレビ番組“神龍戦士ドラゴンフォー”でアクション、スタントを演じていた。そこにハリウッド映画“ラストブレイド”での危険なスタントアクションの話が舞い込んで来る。主人公は、コンピューターグラフィックス特撮、ワイヤーアクション無しの危険な仕事に挑む。
 武正晴監督の映画は初めての観賞。主人公が劇中劇映画“ラストブレイド”で演じる白忍者のアクションシーンが素晴らしかった。アクション女優“大芝美咲”役の黒谷友香の演技も良かった。


『REDリターンズ』 [映画]

映画『REDリターンズ』
 休日の夜放映されていたので録画観賞した。世界を舞台にしたアクション映画。
 ストーリーは、ブルース・ウィリス扮する主人公の元CIAエージェント“フランク・モーゼス”がテロリストの濡れ衣を着せられるという内容。CIAの一部の腐敗スタッフが主人公と恋人“サラ・ロス”、友人“マーヴィン・ボッグス”をテロリストに陥れる。米ソ冷戦時代に計画されたナイトシェードを使ったテロが計画されているという状況となり、主人公たちが巻き込まれる。
 監督は『ディック&ジェーン 復讐は最高!』のディーン・パリソット監督。RED(Retired Extremely Dangerous)の活躍が描かれていた。コミカルさとリズミカルなアクションで上手く演出されていた。軍事科学者“エドワード・ベイリー”役のアンソニー・ホプキンスのキャラクターが上手かった。


『秘密 THE SECRET』 [映画]

映画『秘密 THE SECRET』
 休日の深夜放映されていたので録画観賞した。現代劇のファンタジー映画。
 ストーリーは、ヴィン・ディーゼル扮する主人公の眼科医“ベンジャミン・モリス”が交通事故で妻“ハンナ”を亡くすという内容。交通事故時に“ハンナ”と同乗していた娘“サマンサ”も事故に巻き込まれるが命に別状は無かった。しかし、娘“サマンサ”に妻“ハンナ”の魂が宿って回復し、高校に通い始める。
 ヴァンサン・ペレーズ監督の映画は初めての観賞。東野圭吾原作・滝田洋二郎監督『秘密』のフランス版リメイク。娘の体に宿った母親の魂をオリヴィア・サールビーが上手く演じていた。




『オーバードライブ』 [映画]

映画『オーバードライブ』
 平日の昼間放映されていたので録画観賞した。アメリカを舞台にしたアクション映画。
 ストーリーは、ドウェイン・ジョンソン扮する主人公の運送会社経営者“ジョン・マシューズ”が麻薬密売容疑で逮捕された息子の釈放に尽力するという内容。主人公は連邦検事“ジョアン・キーガン”と取引し、麻薬カルテルのおとり捜査に協力することにより、息子の減刑を模索する。主人公は麻薬や現金の輸送を自社の大型トラックを使って請負い、麻薬組織の活動状況を捜査する。
 リック・ローマン・ウォー監督の映画は初めての観賞。主人公が徐々に麻薬カルテルの仕事に近づいていくエピソードとなっていた。麻薬や現金の輸送がサスペンス的に演出されていた。麻薬カルテルのボス“エル・トポ”役のベンジャミン・ブラットの演技が良かった。


『大江戸事件帖 美味でそうろう』 [映画]

映画『大江戸事件帖 美味でそうろう』
 平日の昼間上映されていたので観賞した。江戸を舞台にしたの時代劇映画。
 ストーリーは、北村一輝扮する主人公のかわら版屋“柿江新平太”が役人と商人の癒着に迫って行くという内容。主人公は武士でありながら仕官はせず、絵描きの“お鶴”とともに瓦版を発行する。江戸の一部の役人は“河内屋”、“福屋”と結託し汚職していた。主人公は役人との繋がり無しに商売している“備前屋”とともに事態を調査する。
 濱龍也監督の映画は初めての観賞。江戸時代の食文化にもスポットを当てた演出となっていた“遠山金四郎”役の中村橋之助、“勝麟太郎”役の中村国生のキャスティングが良かった。


メッセージを送る