So-net無料ブログ作成
検索選択

『ジョン・ウィック』 [映画]

映画『ジョン・ウィック』
 平日の夜放映されていたので録画観賞した。アメリカのニューヨークを舞台にした現代劇のアクション映画。
 ストーリーは、キアヌ・リーヴス扮する主人公の元・殺し屋“ジョン・ウィック”が飼い犬を殺され激怒するという内容。ニューヨークのロシアン・マフィアのボスの息子“ヨセフ・タラソフ”が主人公の車“69年式フォード・マスタング”欲しさに主人公を襲撃する。襲撃の際、主人公の愛犬“デイジー”を殺してしまう。超人的な殺し屋である主人公は復讐のため、ロシアン・マフィア“ヴィゴ・タラソフ”一味を次々に殺害し始める。
 チャド・スタエルスキ監督の映画は初めての観賞。主人公とロシアン・マフィアとの殺陣、ガンアクション、カーアクションがスピーディーで力強く、スタイリッシュだった。主人公と旧知の殺し屋“ミズ・パーキンス”役のエイドリアンヌ・パリッキのキャラクターも良かった。


nice!(2)  コメント(0) 

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』 [映画]

映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』
 平日の夜放映されていたので録画観賞した。西暦2259年の宇宙を舞台にしたSF映画。
 ストーリーは、クリス・パイン扮する主人公の宇宙船艦長“ジェームス・T・カーク”が爆弾事件犯人“ジョン・ハリソン”を追うという内容。“ジョン・ハリソン”はクリンゴン人支配下の惑星“クロノス”に逃亡する。300年前の遺伝子操作によって誕生した超人的な人間である“ジョン・ハリソン”は一筋縄ではいかなかった。
 監督は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス監督。宇宙船クルー“スポック”役のザカリー・クイントのキャラクターが印象的だった。ドレッドノート級新型戦闘艦“U.S.S.ヴェンジェンス”のセットも良かった。


nice!(22)  コメント(0) 

『トップガン』 [映画]

映画『トップガン』
 平日の夜放映されていたので録画観賞した。アメリカ海軍戦闘機兵器学校を舞台にした青春映画。
 ストーリーは、トム・クルーズ扮する主人公のアメリカ空軍パイロット“ピート・ミッチェル”≪コールサイン:マーベリック≫がアメリカ海軍戦闘機兵器学校で飛行訓練を受けるという内容。主人公はインド洋上での実践に配備され国籍不明機5機と空中戦を繰り広げる。
 監督は『サブウェイ123 激突』、『デジャヴ』のトニー・スコット監督。戦闘機同士の空中戦が迫力ある演出となっていた。

前回観賞の『トップガン』の感想



nice!(17)  コメント(0) 

『モータル・コンバット2/魔界来襲』 [映画]

映画『モータル・コンバット2/魔界来襲』
 休日の深夜放映されていたので録画観賞した。近未来を舞台にしたSF映画。
 ストーリーは、ロビン・ショウ扮する主人公の武道家“リュウ・カン”が魔界皇帝“シャオ・カーン”と対決するという内容。魔界皇帝“シャオ・カーン”は規則を破り魔界と人間界の門を開くことにより、人間界壊滅を目論む。しかし、主人公は闘神“ライデン”、王女“キタナ”たちとともに魔界の軍団に立ち向かう。
 ジョン・R・レオネッティ監督の映画は初めての観賞。両腕を増強した主人公の戦友“ジャックス”役のリン・‘レッド’・ウィリアムズのキャラクターが良かった。


nice!(19)  コメント(0) 

『青の祓魔師 劇場版』 [映画]

映画『青の祓魔師 劇場版』
 休日の夜放映されていたので録画観賞した。架空の街“正十字学園町”を舞台にしたファンタジー映画。
 ストーリーは、主人公の祓魔師見習い“奥村燐”が子どもの悪魔“うさ麻呂”と出会うという内容。主人公は幽霊列車(ファントムトレイン)成敗中に古い祠を壊してしまい、封印されていた“うさ麻呂”を解き放ってしまう。“うさ麻呂”は記憶を食べる能力を持っており、“正十字学園町”の人々の記憶を食べ始める。
 高橋敦史監督の映画は初めての観賞。“忘れんぼうの村と悪魔”という童話に登場する悪魔が実際に放たれるというエピソードになっていた。“正十字学園町”に大量の悪魔が襲来する絵作りが良かった。


nice!(22)  コメント(0) 

『大陸横断超特急』 [映画]

映画『大陸横断超特急』
 休日の深夜放映されていたので録画観賞した。アメリカの列車を舞台にしたミステリー映画。
 ストーリーは、ジーン・ワイルダー扮する主人公の出版業者“ジョージ・コールドウェル”が美術品贋作密売組織の犯罪に巻き込まれてしてしまうという内容。主人公は大陸横断超特急“シルバー・ストリーク”でロサンゼルスからシカゴに向かう。しかし、同じ列車で密売組織のボス“ロジャー・デブロー”の美術史家教授“シュレイナー”殺人事件を目撃してしまう。
 アーサー・ヒラー監督の映画は初めての観賞。大陸横断超特急でのシチュエーションミステリー。FBI捜査官“ボブ・スイート”役のネッド・ビーティの演技が良かった。


nice!(19)  コメント(1) 

『僕だけがいない街』 [映画]

映画『僕だけがいない街』
 平日の夜放映されていたので録画観賞した。日本の市街地を舞台にしたSF映画。
 ストーリーは、藤原竜也扮する主人公の漫画家“藤沼悟”が超常現象を経験するという内容。主人公はリバイバル現象というタイムスリップを繰り返す超常現象を何度も経験する。それは主人公の身近に不幸な出来事が起こる時、その不幸な出来事を防ぐまで何度もその時間を繰り返し経験する。主人公は同居していた母親“藤沼佐知子”が殺害された後、小学生の頃にリバイバルタイムスリップする。それは同級生の“雛月加代”が連続誘拐殺人の被害に遭う直前だった。
 監督は『そのときは彼によろしく』、『陰日向に咲く』の平川雄一朗監督。リバイバル現象という一種のタイムスリップを上手く脚本に盛り込んでいた。主人公のピザ屋のアルバイト仲間“片桐愛梨”役の有村架純の演技が良かった。


nice!(15)  コメント(0) 

『血槍富士』 [映画]

映画『血槍富士』
 平日の昼間放映されていたので録画観賞した。日本の東海道を舞台にした時代劇映画。
 ストーリーは、片岡千恵蔵扮する主人公の槍持ち“権八”が若様“酒匂小十郎”とともに江戸に向かうという内容。途中、巡礼を装った大泥棒“風の六衛門”が出没する。主人公たちは大泥棒“風の六衛門”の大捕り物に巻き込まれる。
 監督は『宮本武蔵 巌流島の決斗』の内田吐夢監督。若様“酒匂小十郎”と槍持ち“権八”の旅を通して、武家社会の不条理をシニカルに演出していた。多額の借金の返済に旅をする“藤三郎”役の月形龍之介の演技が良かった。


nice!(15)  コメント(0) 

『スローターハウス5』 [映画]

映画『スローターハウス5』
 平日の深夜放映されていたので録画観賞した。ヨーロッパ、アメリカを舞台にしたSF映画。
 ストーリーは、マイケル・サックス扮する主人公の検眼医“ビリー・ピルグリム”が時間旅行するという内容。主人公は第二次世界大戦中のドレスデンや戦後のフィラデルフィア、トラルファマドア星などを転々とする。時間を前後しながらヨーロッパ、アメリカ、異星で過ごす。
 監督は『明日に向って撃て!』、『華麗なるヒコーキ野郎』のジョージ・ロイ・ヒル監督。ヨーロッパ、アメリカ、異星でのエピソードが前後しながら紡がれている脚本が面白かった。


nice!(16)  コメント(0) 

『はやぶさ奉行』 [映画]

映画『はやぶさ奉行』
 平日の昼間放映されていたので録画観賞した。日本の関東を舞台にした時代劇映画。
 ストーリーは、片岡千恵蔵扮する主人公の侍“遠山金四郎”が“大郷筑前守”一味と対決するという内容。“大郷筑前守”は“長岡有楽斎”とともに日光仮御殿造営を機に釣り天井の仕掛けで将軍暗殺を計画する。主人公は大工として日光仮御殿造営工事現場に潜入する。
 深田金之助監督の映画は初めての観賞。日光仮御殿造営の歯車類を使った釣り天井の仕掛けがB級的で良かった。“侠盗ねずみ”役の大川橋蔵のキャラクターも良かった。


nice!(19)  コメント(1) 
メッセージを送る