So-net無料ブログ作成
検索選択

『血槍富士』 [映画]

映画『血槍富士』
 平日の昼間放映されていたので録画観賞した。日本の東海道を舞台にした時代劇映画。
 ストーリーは、片岡千恵蔵扮する主人公の槍持ち“権八”が若様“酒匂小十郎”とともに江戸に向かうという内容。途中、巡礼を装った大泥棒“風の六衛門”が出没する。主人公たちは大泥棒“風の六衛門”の大捕り物に巻き込まれる。
 監督は『宮本武蔵 巌流島の決斗』の内田吐夢監督。若様“酒匂小十郎”と槍持ち“権八”の旅を通して、武家社会の不条理をシニカルに演出していた。多額の借金の返済に旅をする“藤三郎”役の月形龍之介の演技が良かった。


nice!(15)  コメント(0) 

『スローターハウス5』 [映画]

映画『スローターハウス5』
 平日の深夜放映されていたので録画観賞した。ヨーロッパ、アメリカを舞台にしたSF映画。
 ストーリーは、マイケル・サックス扮する主人公の検眼医“ビリー・ピルグリム”が時間旅行するという内容。主人公は第二次世界大戦中のドレスデンや戦後のフィラデルフィア、トラルファマドア星などを転々とする。時間を前後しながらヨーロッパ、アメリカ、異星で過ごす。
 監督は『明日に向って撃て!』、『華麗なるヒコーキ野郎』のジョージ・ロイ・ヒル監督。ヨーロッパ、アメリカ、異星でのエピソードが前後しながら紡がれている脚本が面白かった。


nice!(16)  コメント(0) 

『はやぶさ奉行』 [映画]

映画『はやぶさ奉行』
 平日の昼間放映されていたので録画観賞した。日本の関東を舞台にした時代劇映画。
 ストーリーは、片岡千恵蔵扮する主人公の侍“遠山金四郎”が“大郷筑前守”一味と対決するという内容。“大郷筑前守”は“長岡有楽斎”とともに日光仮御殿造営を機に釣り天井の仕掛けで将軍暗殺を計画する。主人公は大工として日光仮御殿造営工事現場に潜入する。
 深田金之助監督の映画は初めての観賞。日光仮御殿造営の歯車類を使った釣り天井の仕掛けがB級的で良かった。“侠盗ねずみ”役の大川橋蔵のキャラクターも良かった。


nice!(19)  コメント(1) 

『スリーデイズ』 [映画]

映画『スリーデイズ』
 平日の昼間放映されていたので録画観賞した。アメリカのピッツバーグを舞台にしたクライムムービー。
 ストーリーは、ラッセル・クロウ扮する主人公の大学教授“ジョン・ブレナン”が脱獄の経験者“デイモン・ペニントン”に脱獄指南を受けるという内容。主人公は脱獄のために精巧な偽の身分証、逃走資金、囮の証拠などを綿密に準備する。
 監督は『クラッシュ』のポール・ハギス監督。平凡な大学教授が緻密に脱獄を計画・実行して行くエピソードとなっていた。主人公の父親“ジョージ・ブレナン”役のブライアン・デネヒーの演技が良かった。

前回観賞の『スリーデイズ』の感想



nice!(21)  コメント(0) 

『フィッシャー・キング』 [映画]

映画『フィッシャー・キング』
 休日の夜放映されていたので録画観賞した。アメリカのニューヨークを舞台にしたファンタジー映画。
 ストーリーは、ジェフ・ブリッジス扮する主人公のディスクジョッキー“ジャック・ルーカス”のラジオ放送中のトークが無差別殺人事件を引き起こしてしまうという内容。主人公は無差別殺人事件で妻を失った“ヘンリー・セイガン”と出会い、自らの人生の立て直しを図って行く。
 監督は『未来世紀ブラジル』、『Dr.パルナサスの鏡』のテリー・ギリアム監督。通勤客で混雑する通路で、通行人たちが社交ダンスをする中を“ヘンリー・セイガン”が通過するシーンが幻想的で良かった。


nice!(15)  コメント(0) 

『スリザー』 [映画]

映画『スリザー』
 休日の深夜放映されていたので録画観賞した。アメリカの田舎町を舞台にしたホラー映画。
 ストーリーは、ネイサン・フィリオン扮する主人公の警官“ビル・パーディ”が宇宙生物に乗っ取られた人々と戦うという内容。宇宙から地球上の生物を食い尽くすために飛来した宇宙生物“スリザー”は、人間の体内に寄生し強烈な肉食になる。“スリザー”は増殖しながら、大勢の人々に寄生するが、最初に飛来した“スリザー”が殺されると一網打尽にされるという弱点を持つ。
 ジェームズ・ガン監督の映画はこの映画のみの観賞。最初に飛来した“スリザー”に寄生される“グラント・グラント”のクリーチャーがB級的で良かった。

前回観賞の『スリザー』の感想


nice!(20)  コメント(0) 

『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』 [映画]

映画『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』
 平日の夜放映されていたので録画観賞した。イギリスのベーカー街を舞台にしたミステリー映画。
 ストーリーは、ベネディクト・カンバーバッチ扮する主人公の探偵“シャーロック・ホームズ”が謎の女性“エミリア・リコレッティ”の無差別狙撃自殺事件を調査するという内容。主人公が調査を続けると女性解放運動の標榜する秘密結社の暗躍が浮かび上がって来る。
 ダグラス・マッキノン監督の映画は内容初めての観賞。現代と19世紀末のエピソードが交錯する脚本になっていた。



nice!(11)  コメント(0) 

『刑事ジョン・ブック/目撃者』 [映画]

映画『刑事ジョン・ブック/目撃者』
 平日の夜放映されていたので録画観賞した。アメリカのペンシルベニア州を舞台にしたサスペンス映画。
 ストーリーは、ハリソン・フォード扮する主人公の刑事“ジョン・ブック”が殺人事件の目撃者“サミュエル・ラップ”を保護するという内容。少年“サミュエル・ラップ”は旅行中のトイレで殺人事件を目撃、事件を担当した主人公に事情を聴かれる。殺人犯の顔を見た“サミュエル・ラップ”は、犯人が麻薬課刑事“ジェームス・マクフィー”であることがわかり、命を狙われ始める。
 監督は『グリーンカード』、『モスキート・コースト』のピーター・ウィアー監督。殺人事件の目撃者“サミュエル・ラップ”が故郷のアーミッシュの村で殺人犯から身を隠すエピソードとなっていた。アーミッシュの村人が殺人犯から“サミュエル・ラップ”を守るシーンがドラマチックに演出されていた。“サミュエル・ラップ”役のルーカス・ハースの演技が良かった。


nice!(10)  コメント(0) 

『レイクサイド マーダーケース』 [映画]

映画『レイクサイド マーダーケース』
 休日の夜放映されていたので録画観賞した。日本の湖畔の別荘を舞台にしたミステリー映画。
 ストーリーは、役所広司扮する主人公のアートディレクター“並木俊介”が娘の受験合宿に同行するという内容。受験合宿は敏腕塾講師“津久見勝”の指導で行われていたが、そこに主人公の愛人兼カメラ担当“高階英里子”が現れる。しかし翌日、“高階英里子”は殺されてしまう。主人公たちは子供たちの将来のため“高階英里子”を湖に沈め殺人事件の隠ぺいを図る。
 青山真治監督の映画は初めての観賞。殺人事件現場が証言によって変わって行く脚本や、犯人の不明瞭さが上手くミステリーとして演出されていた。原作は東野圭吾の小説“レイクサイド”。



nice!(15)  コメント(0) 

『許されざる者』 [映画]

映画『許されざる者』
 平日の夜放映されていたので録画観賞した。アメリカのテキサスを舞台にした西部劇映画。
 ストーリーは、バート・ランカスター扮する主人公のガンマン“ベン・ザカリー”がカイオワ族インディアンと戦うという内容。インディアンの乳児を戦地で助け育ててきたザカリー家が、カイオワ族から狙われ始める。カイオワ族の首領“ロスト・バード”がザカリー家で育てられた妹を奪還しようと計画する。
 監督は『女と男の名誉』、『マルタの鷹』のジョン・ヒューストン監督。牧童“ジョニー・ポルトガル”役のジョン・サクソン、謎の老ガンマン“エイブ・ケルシー”役のジョセフ・ワイズマンのキャラクターが印象的だった。カイオワ族の戦いのための音楽に対抗し、主人公の母親“マティルダ・ザカリー”役のリリアン・ギッシュが屋外でピアノの演奏するシーンが圧巻だった。


nice!(18)  コメント(0) 
メッセージを送る