So-net無料ブログ作成

『22年目の告白-私が殺人犯です-』 [映画]

映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』
 平日の夜放映されていたので録画観賞した。日本の東京を舞台にしたミステリー映画。
 ストーリーは、伊藤英明扮する主人公の刑事“牧村航”が連続絞殺事件に挑むという内容。主人公が捜査していた連続絞殺事件は時効を迎えるが、時効成立後連続絞殺事件犯人と自称する男“曾根崎雅人”が事件に関する告白本を出版する。
 入江悠監督の映画は初めての観賞。連続絞殺事件の真犯人追及のエピソードがミステリアスに演出されていた。


nice!(23)  コメント(0) 

『シャイアン』 [映画]

映画『シャイアン』
 平日の夜放映されていたので録画観賞した。アメリカを舞台にした西部劇映画。
 ストーリーは、リチャード・ウィドマーク扮する主人公のアメリカ軍大尉“トーマス・アーチャー”が居留地から旅にでた先住民シャイアン族を追うという内容。シャイアン族は居留地での疲弊した生活を立て直すため、故郷のイエローストーンに向かう。しかしその選択はアメリカ政府の政策に反することで、シャイアン族はアメリカ国軍の追撃を受ける。
 監督は『三人の名付親』、『リバティ・バランスを射った男』のジョン・フォード監督。内務長官“カール・シュルツ”役のエドワード・G・ロビンソンの演技が良かった。ダッジ・シティの保安官“ワイアット・アープ”役のジェームズ・スチュワートのキャラクターが良かった。


nice!(38)  コメント(0) 

『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』 [映画]

映画『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』
 休日の夜放映されていたので録画観賞した。アフリカのソマリアなどを舞台にしたアクション映画。
 ストーリーは、シルヴェスター・スタローン扮する主人公の傭兵“バーニー・ロス”が悪徳武器商人に挑むという内容。悪徳武器商人のリーダーは傭兵チーム“エクスペンダブルズ”の元兵士“コンラッド・ストーンバンクス”。主人公は若手の傭兵“ジョン・スマイリー”、“ルナ”、“ソーン”、“マーズ”を“エクスペンダブルズ”に新たに加入させ、“コンラッド・ストーンバンクス”のアジトのある小国“アズメニスタン”に潜入する。
 パトリック・ヒューズ監督の映画は初めての観賞。悪徳武器商人がアジトを構える小国“アズメニスタン”での殺陣が素晴らしかった。


nice!(16)  コメント(0) 

『L.A.コンフィデンシャル』 [映画]

映画『L.A.コンフィデンシャル』
 平日の夜放映されていたので録画観賞した。1950年代のロサンゼルスを舞台にしたミステリー映画。
 ストーリーは、ガイ・ピアース扮する主人公の刑事“エド・エクスリー”がロサンゼルス暗黒街の縄張り争いに立ち向かうという内容。1950年代のロサンゼルスではギャングの縄張り争いに起因する殺人事件が頻発していた。そんな中喫茶店“ナイト・アウル”で刑事も巻き込まれた虐殺事件が発生する。野心家の主人公、ベテラン刑事“ジャック・ヴィンセンス”、はみだし刑事“バド・ホワイト”は事件の真相解明に奔走する。
 監督は『ラッキー・ユー』、『激流』のカーティス・ハンソン監督。ロサンゼルスの喫茶店で起こった虐殺事件の解明がミステリアスに演出されていた。良く練られた脚本だった。


nice!(18)  コメント(0) 

『バリー・リンドン』 [映画]

映画『バリー・リンドン』
 平日の昼間放映されていたので録画観賞した。19世紀のイギリスを舞台にしたドラマ映画。
 ストーリーは、ライアン・オニール扮する主人公の農夫“レドモンド・バリー”がイギリス軍に入隊するという内容。主人公はイギリス軍を経てプロイセン軍入隊やギャンブラー“シュバリエ・ド・バリバリ”の召使などを経て暮らして行く。
 監督は『フルメタル・ジャケット』、『シャイニング』のスタンリー・キューブリック監督。イギリス軍、プロイセン軍でのエピソードや貴族リンドン家でのエピソードが重厚に演出されていた。

前回観賞の『バリー・リンドン』の感想


nice!(21)  コメント(1) 

『アイデンティティー』 [映画]

映画『アイデンティティー』
 平日の昼間放映されていたので録画観賞した。アメリカの田舎町を舞台にしたミステリー映画。
 ストーリーは、ジョン・キューザック扮する主人公の女優専属運転手“エド”が人身事故を起こしてしまうという内容。おりからの豪雨で、人里離れたモーテルに被害者を輸送し看病する。荒天で川も氾濫し救急車も辿り着かない状況で、連続殺人事件が発生する。
 監督は『3時10分、決断のとき』、『ウルヴァリン:SAMURAI』のジェームズ・マンゴールド監督。死刑囚“マルコム・リバース”の多重人格障害治療がサスペンス的に演出されていた。人里離れたモーテルに集う人々のキャラクター設定が良かった。


nice!(25)  コメント(0) 

『ツーリスト』 [映画]

映画『ツーリスト』
 平日の昼間放映されていたので録画観賞した。イタリアを舞台にしたアクション映画。
 ストーリーは、アンジェリーナ・ジョリー扮する主人公のセレブ“エリーズ・クリフトン・ウォード”がギャング
“レジナルド・ショー”に狙われるという内容。主人公の恋人“アレクサンダー・ピアーズ”は“レジナルド・ショー”の闇資金を持ち逃げしていた。そのことが原因で主人公は“レジナルド・ショー”に目を付けられる。
 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督の映画はこの映画のみの観賞。主人公の旅のパートナー“フランク・トゥーペロ”役のジョニー・デップの演技が良かった。警部“ジョン・アチソン”役のポール・ベタニーのキャスティングも良かった。

前回観賞の『ツーリスト』の感想



nice!(20)  コメント(0) 

『2012』 [映画]

映画『2012』
 平日の夜放映されていたので録画観賞した。アフリカのソマリアなどを舞台にしたアクション映画。
 ストーリーは、ジョン・キューザック扮する主人公の小説家“ジャクソン・カーティス”が地球地殻大変動に備えるという内容。太陽活動活発化によるコロナが原因で地球マントル流動増加が起こり、地殻大変動が発生する。主人公は政府が建造している“ノアの箱舟”計画に参加すべく、“ノアの箱舟”建造地の中国を目指す。
 監督は『ユニバーサル・ソルジャー』、『ホワイトハウス・ダウン』のローランド・エメリッヒ監督。地球地殻大変動による災害の特撮が迫力あるものとなっていた。古代マヤ人の2012年週末説をモトにしたエピソード。


nice!(21)  コメント(1) 

『アンタッチャブル』 [映画]

映画『アンタッチャブル』
 平日の夜放映されていたので録画観賞した。アメリカのシカゴを舞台にしたアクション映画。
 ストーリーは、ケヴィン・コスナー扮する主人公の財務省捜査官“エリオット・ネス”がシカゴのギャング“アル・カポネ”に立ち向かうという内容。主人公は地元シカゴ警察の巡査“ジム・マローン”を仲間に加え、徐々に“アル・カポネ”を追い詰めて行く。
 監督は『キャリー』、『ファントム・オブ・パラダイス』のブライアン・デ・パルマ監督。シカゴ・ユニオン駅での主人公と“アル・カポネ”の部下との銃撃戦の演出が良かった。

前回観賞の『アンタッチャブル』の感想



nice!(15)  コメント(0) 

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』 [映画]

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』
 休日の夜放映されていたので録画観賞した。モスクワやドバイを舞台にしたスパイ映画。
 ストーリーは、トム・クルーズ扮する主人公の諜報員“イーサン・ハント”が、モスクワの刑務所から脱獄するという内容。主人公はクレムリン周辺の爆弾テロに巻き込まれ、ロシア諜報員“アナトリー・シディロフ”から追われることとなる。
 監督は『レミーのおいしいレストラン』のブラッド・バード監督。大砂嵐でのカーチェイスが素晴らしかった。IMF長官役のトム・ウィルキンソンの演技も良かった。

前回観賞の『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』の感想


nice!(18)  コメント(0) 
メッセージを送る