So-net無料ブログ作成
検索選択
アメリカンフットボール ブログトップ
前の10件 | -

[NFL]スティーラーズvsコルツ 第12週 [アメリカンフットボール]

ナショナルフットボールリーグ カンザスシティ・チーフスvsデンバー・ブロンコス 第12週
 NFLの試合をテレビ放送で録画観戦した。アメリカンフットボール公式戦。
 ピッツバーグ・スティーラーズのクォーターバックはベン・ロスリスバーガー選手(#7)、インディアナポリス・コルツのクォーターバックはスコット・トルジーン選手(#16)。
 ピッツバーグ・スティーラーズはランニングバックのリビオン・ベル選手(#26)のランプレー、ワイドレシーバーのアントニオ・ブラウン選手(#84)のパスプレー、などでゲインしていた。インディアナポリス・コルツはワイドレシーバーのT.Y.・ヒルトン選手(#13)、タイトエンドのドウェイン・アレン選手(#83)のパスプレーなどで組み立てていた。
 試合はピッツバーグ・スティーラーズのモメンタム。ワイドレシーバーのアントニオ・ブラウン選手(#84)はチェンジオブペースを上手く使い相手ディフェンス選手を振り切りワイドオープンとなり、タッチダウンを3本決めていた。
 試合はピッツバーグ・スティーラーズの勝利となっていた。

ナショナルフットボールリーグ 第12週
2016年11月24日(日)
@ルーカス・オイル・スタジアム
ピッツバーグ・スティーラーズvsインディアナポリス・コルツ

Team 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Pittsburgh Steelers 14 7 0 7 28
Indianapolis Colts 0 7 0 0 7


[NFL]テキサンズvsレイダース 第11週 [アメリカンフットボール]

ナショナルフットボールリーグ ヒューストン・テキサンズvsオークランド・レイダース 第11週
 NFLの試合をテレビ放送で録画観戦した。アメリカンフットボール公式戦。
 ヒューストン・テキサンズのクォーターバックはブロック・オズワイラー選手(#17)、オークランド・レイダースのクォーターバックはデレック・カー選手(#4)。
 ヒューストン・テキサンズはランニングバックのラマー・ミラー選手(#26)のランプレー、タイトエンドのC.J.・フィドロウィッツ選手(#87)のパスプレーなどで組み立てていた。オークランド・レイダースはランニングバックのジャマイズ・オラワリー選手(#49)のランプレー、ランニングバックのラタビアス・マレー選手(#28)のパスプレーなどでゲインしていた。
 試合はヒューストン・テキサンズ、オークランド・レイダースとも互角。両チームとのロングパスの選択の多いオフェンスプレーとなっていた。
 試合はオークランド・レイダースの勝利となっていた。

ナショナルフットボールリーグ 第11週
2016年11月21日(月)
@エスタディオ・アステカ
ヒューストン・テキサンズvsオークランド・レイダース

Team 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Houston Texans 3 7 7 3 20
Oakland Raiders 0 10 3 14 27


[NFL]ボルティモア・レイブンズvsダラス・カウボーイズ 第11週 [アメリカンフットボール]

ナショナルフットボールリーグ ボルティモア・レイブンズvsダラス・カウボーイズ 第11週
 NFLの試合をテレビ放送で録画観戦した。アメリカンフットボール公式戦。
 ボルティモア・レイブンズのクォーターバックはジョー・フラッコ選手(#5)、ダラス・カウボーイズのクォーターバックはダック・プレスコット選手(#4)。
 ボルティモア・レイブンズはワイドレシーバーのスティーブ・スミス選手(#89)、マイク・ウォレス選手(#17)のパスプレーなどで組み立てていた。ダラス・カウボーイズはランニングバックのエゼキエル・エリオット選手(#21)のランプレー、ワイドレシーバーのデズ・ブライアント選手(#88)のパスプレーなどでゲインしていた。
 試合はボルティモア・レイブンズ、ダラス・カウボーイズとも互角。後半はダラス・カウボーイズのモメンタム。ダラス・カウボーイズはタイム・オブ・ポゼッションで優位。ボルティモア・レイブンズは反則が多かった。
 試合はダラス・カウボーイズの勝利となっていた。

ナショナルフットボールリーグ 第11週
2016年11月20日(日)
@AT&Tスタジアム
ボルティモア・レイブンズvsダラス・カウボーイズ

Team 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Baltimore Ravens 7 3 0 7 17
Dallas Cowboys 0 10 7 10 27


[NFL]ベンガルズvsジャイアンツ 第10週 [アメリカンフットボール]

ナショナルフットボールリーグ シンシナティ・ベンガルズvsニューヨーク・ジャイアンツ 第10週
 NFLの試合をテレビ放送で録画観戦した。アメリカンフットボール公式戦。
 シンシナティ・ベンガルズのクォーターバックはアンディー・ダルトン選手(#14)、ニューヨーク・ジャイアンツのクォーターバックはイーライ・マニング選手(#10)。
 シンシナティ・ベンガルズはタイトエンドのタイラー・アイファート選手(#85)、ワイドレシーバーのA.J.・グリーン選手(#18)のパスプレーなどでゲインしていた。ニューヨーク・ジャイアンツはワイドレシーバーのオデル・ベッカム選手(#13)のパスプレー、ランニングバックのラシャード・ジェニングス選手(#23)のランプレーなどで組み立てていた。
 試合はシンシナティ・ベンガルズ、ニューヨーク・ジャイアンツとも互角。ニューヨーク・ジャイアンツのオフェンスの繋がりが良かった。
 試合はニューヨーク・ジャイアンツの勝利となっていた。

ナショナルフットボールリーグ 第10週
2016年11月14日(月)
@メットライフ・スタジアム
シンシナティ・ベンガルズvsニューヨーク・ジャイアンツ

Team 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Cincinnati Bengals 7 3 10 0 20
New York Giants 7 7 0 7 21


[NFL]シーホークスvsペイトリオッツ 第10週 [アメリカンフットボール]

ナショナルフットボールリーグ シアトル・シーホークスvsニューイングランド・ペイトリオッツ 第10週
 NFLの試合をテレビ放送で録画観戦した。アメリカンフットボール公式戦。
 シアトル・シーホークスのクォーターバックはラッセル・ウィルソン選手(#3)、ニューイングランド・ペイトリオッツのクォーターバックはトム・ブレイディ選手(#12)。
 シアトル・シーホークスはランニングバックのC.J.・プロサイス選手(#22)、ワイドレシーバーのタイラー・ロケット選手(#16)のパスプレーなどでゲインしていた。ニューイングランド・ペイトリオッツはタイトエンドのマーテラス・ベネット選手(#88)、ワイドレシーバーのジュリアン・エデルマン選手(#11)のパスプレーなどで組み立てていた。
 試合はシアトル・シーホークス、ニューイングランド・ペイトリオッツとも互角。第4クォーター終盤でのニューイングランド・ペイトリオッツのオフェンスとシアトル・シーホークスのディフェンスの攻防は見応えがあった。
 試合はシアトル・シーホークスの勝利となっていた。

ナショナルフットボールリーグ 第10週
2016年11月13日(日)
@ジレット・スタジアム
シアトル・シーホークスvsニューイングランド・ペイトリオッツ

Team 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Seattle Seahawks 6 13 3 9 31
New England Patriots 7 7 7 3 24


[NFL]カウボーイズvsスティーラーズ 第10週 [アメリカンフットボール]

ナショナルフットボールリーグ ダラス・カウボーイズvsピッツバーグ・スティーラーズ 第10週
 NFLの試合をテレビ放送で録画観戦した。アメリカンフットボール公式戦。
 ダラス・カウボーイズのクォーターバックはダック・プレスコット選手(#4)、ピッツバーグ・スティーラーズのクォーターバックはベン・ロスリスバーガー選手(#7)。
 ダラス・カウボーイズはワイドレシーバーのデズ・ブライアント選手(#88)のパスプレー、ランニングバックのエゼキエル・エリオット選手(#21)のランプレーなどでゲインしていた。ピッツバーグ・スティーラーズはワイドレシーバーのアントニオ・ブラウン選手(#84)、ランニングバックのリビオン・ベル選手(#26)のパスプレーなどで組み立てていた。
 試合はダラス・カウボーイズ、ピッツバーグ・スティーラーズとも互角のシーソーゲーム。第1クォーターでのダラス・カウボーイズのランニングバックのエゼキエル・エリオット選手(#21)のスクリーンパス・キャッチでの80ヤード余りのタッチダウンは素晴らしかった。
 試合はダラス・カウボーイズの勝利となっていた。

ナショナルフットボールリーグ 第10週
2016年11月13日(日)
@ハインツ・フィールド
ダラス・カウボーイズvsピッツバーグ・スティーラーズ

Team 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Dallas Cowboys 10 3 10 12 35
Pittsburgh Steelers 12 3 3 12 30


[NFL]ビルズvsシーホークス 第9週 [アメリカンフットボール]

ナショナルフットボールリーグ バッファロー・ビルズvsシアトル・シーホークス 第9週
 NFLの試合をテレビ放送で録画観戦した。アメリカンフットボール公式戦。
 バッファロー・ビルズのクォーターバックはタイロッド・テイラー選手(#5)、シアトル・シーホークスのクォーターバックはラッセル・ウィルソン選手(#3)。
 バッファロー・ビルズはワイドレシーバーのバート・ウッズ選手(#10)のパスプレー、ランニングバックのレショーン・マッコイ選手(#25)のランプレーなどで組み立てていた。シアトル・シーホークスはタイトエンドのジミー・グラハム選手(#88)、ワイドレシーバーのダグ・ボールドウィン選手(#89)のパスプレーなどでゲインしていた。
 試合はバッファロー・ビルズ、シアトル・シーホークスとも互角。シアトル・シーホークスのタイトエンドのジミー・グラハム選手(#88)の2度のワンハンドパスキャッチタッチダウンは素晴らしかった。
 試合はシアトル・シーホークスの勝利となっていた。

ナショナルフットボールリーグ 第9週
2016年11月07日(月)
@センチュリーリンクフィールド
バッファロー・ビルズvsシアトル・シーホークス

Team 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Buffalo Bills 14 3 0 8 25
Seattle Seahawks 7 21 0 3 31


[JTFA]ファイナルタッチ Rafagavs東京リベンジャーズ [アメリカンフットボール]

ファイナルタッチ Rafagavs東京リベンジャーズ
 第25回ファイナルタッチ Rafagavs東京リベンジャーズの試合が開催された。6人制タッチフットボール日本選手権。オープン準決勝戦。
 試合はRafagaの勝利。

20161210_508.jpg

第25回ファイナルタッチ
Touchdown杯争奪6人制タッチフットボール日本選手権
2016年12月10日(土)
@横浜スタジアム・Aフィールド
Rafagavs東京リベンジャーズ

Team 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Rafaga 6 14 6 6 32
Revengers 0 0 0 6 6

[NFL]ライオンズvsバイキングス 第9週 [アメリカンフットボール]

ナショナルフットボールリーグ デトロイト・ライオンズvsミネソタ・バイキングス 第9週
 NFLの試合をテレビ放送で録画観戦した。アメリカンフットボール公式戦。
 デトロイト・ライオンズのクォーターバックは中堅のマシュー・スタッフォード選手(#9)、ミネソタ・バイキングスのクォーターバックは中堅のサム・ブラッドフォード選手(#8)。
 デトロイト・ライオンズはタイトエンドのエリック・エブロン選手(#85)、ワイドレシーバーのゴールデン・テイト選手(#15)のパスプレーなどで組み立てていた。ミネソタ・バイキングスはワイドレシーバーのステフォン・ディッグス選手(#14)、アダム・シーレン選手(#19)のパスプレーなどでゲインしていた。
 試合はデトロイト・ライオンズ、ミネソタ・バイキングスとも互角。デトロイト・ライオンズのクォーターバックのマシュー・スタッフォード選手(#9)が丁寧にパスを通していた。
 試合はデトロイト・ライオンズの勝利となっていた。

ナショナルフットボールリーグ 第9週
2016年11月06日(日)
@U.S.バンク・スタジアム
デトロイト・ライオンズvsミネソタ・バイキングス

Team 1Q 2Q 3Q 4Q OT Total
Detroit Lions 3 7 0 6 6 22
Minnesota Vikings 0 3 6 7 0 16


[JPFF]川崎・グリズリーズvsブランディングス [アメリカンフットボール]

JPFF 東日本支部 川崎・グリズリーズvsブランディングス
 日本プライベートフットボール協会 東日本支部 プレイオフ準決勝 川崎・グリズリーズvsブランディングスを球場で観戦した。
 川崎・グリズリーズはI・フォーメーションなどで、ブランディングスはI・フォーメーショなどでオフェンスを組み立てていた。
 試合は全体的に川崎・グリズリーズのモメンタム。川崎・グリズリーズはオフェンスラインのブロッキングが良く、ランプレーが良くゲインしていた。
 結果は川崎・グリズリーズの勝利となっていた。

20170115_204.jpg

日本プライベートフットボール協会 東日本支部
プレイオフ準決勝
2017年01月15日(日)
@富士通スタジアム川崎
川崎・グリズリーズvsブランディングス

Team 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Grizzlies 7 7 7 10 31
Brandings 0 0 0 0 0



前の10件 | - アメリカンフットボール ブログトップ
メッセージを送る