So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『本能寺ホテル』 [映画]

映画『本能寺ホテル』
 休日の夜放映されていたので録画観賞した。日本の京都を舞台にしたSF映画。
 ストーリーは、綾瀬はるか扮する主人公の元会社員“倉本繭子”が本能寺ホテルに宿泊するという内容。本能寺ホテルのエレベータは1582年の本能寺に繋がっていて、主人公は本能寺の変に巻き込まれることとなる。主人公は“織田信長”や“森蘭丸”と過ごすうちに、次の仕事への意欲を目覚めさせて行く。
 監督は『HERO』の鈴木雅之監督。骨董品の時計の動きで、主人公が乗ったエレベータがタイムスリップしてしまうという設定が面白かった。本能寺ホテルのデザインも良かった。


nice!(31)  コメント(0) 

nice! 31

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。