So-net無料ブログ作成

『デスノート Light up the NEW world 』 [映画]

映画『デスノート Light up the NEW world 』
 休日の深夜放映されていたので録画観賞した。日本の関東を舞台にしたSF映画。
 ストーリーは、池松壮亮扮する主人公の探偵“竜崎”が新たなデスノートの利用者を探すという内容。“夜神月”のキラ事件から約10年後、デスノートを利用したと思われる大量変死事件が起こる。主人公はデスノート対策本部リーダー“三島創”たちと協力し、デスノート利用者と対決する。
 監督は『万能鑑定士Q/モナ・リザの瞳』、『GANTZ PERFECT ANSWER』の佐藤信介監督。地上に存在するデスノートは6冊という新たなルールの設定が面白かった。デスノート利用者“青井さくら”役の川栄李奈の演技が良かった。

前回観賞の『デスノート Light up the NEW world』の感想



nice!(24)  コメント(0) 

nice! 24

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。